« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

ご無沙汰です 映画です。

 映画レビューのお時間です。お久しぶりですね。結構見てましたが、印象に残るものも無かったので・・・・では行ってみましょう。

○おくりびと・・・・・・・・・・4.5点
 良いですよ。良策と思います。ゆったりと流れる時間とふんわりとして軟らかい雰囲気を出す映画と思います。愛とか思いやりを素直に感じることが出来ました。適度な笑いも良い感じ。嫌な点は、ヒロスエさんの演技がイマイチです。

○レッドクリフ パート1・・・・・・・・・3.0点
 お金掛けてるのでお情けで3上げちゃおう。はっきり言って面白くない。三国志じゃねえ。

女に狂った曹操:そんな男に80万の人間が付いてくる訳ないだろう
奇妙に仲の良い二人(周喩と孔明):お互い命がけの駆け引きをしたはず
陸戦で協力しあう呉と蜀:劉備さん、付いてきた民をほったらかして何してるんですか?

といった具合です。白けました。下らん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィールド オブ ヴァラーとレベルシンク

 モンク18才を鍛えます。戦士75でも、モンクは17でした。核熱時代では考えられないでしょうね。私の時はサポ忍時代なのでほったらかしでした。

 コルシュシュのアウトポストに本が浮かんでます。全く理解してなかったのですが、これが噂のヴァラーです。プチクエストみたいなもので、規定数の敵を倒すと経験値貰えるシステムです。カンパニエOPSとかと似た感じ。比較的簡単なのに、貰える経験値が多くて驚きですね。モンクソロでも19に成れました。(ずっと玉だしてますが誘われませんgawk
 すると英語テルがきます。曰く「レベルシンクでクフィム島いかがですか?」ナイスなテルですね。レベルシンクPTの経験も無かったので喜んで出かけます。
 20になるまではミミズを主体。以降はカニ、魚と獲物を替えつつ、本(ヴァラー)もクリアするたびに受け直しつつ狩りました。このヴァラーというシステムは凄いと思います。当時のレベルアップ速度の3/4程度まで短縮出来ますね。アホみたいに経験値貰えます。みんな同じ事考えてるのかクフィム島は人で一杯!!ミミズもカニも涸れ涸れ状態です。僕が知る限りジラート導入後くらいの盛況ぶりです。

 レベルシンクのお陰なのかやたら高レベルの人達が多いのが気がかりです。組んでたPTの人たちも「経験値ウマー」と喜んでましたが、スキルとか上がらない前衛とか嬉しくないと思うのですが・・・まあ、レベル差のせいでまずーい思いをしなくて済みますね。@は、もし死んでも、シンク解除で即レイズもしくは、解除後瞬殺とか出来るので全滅の危険が少ないのは良いかもです。狩り場によっては、スルーされるジョブでも、低レベルまで落とせば、稼ぎやすいとは言えますよね。

 ・・・とっくに寝てる時間まで(結果モンクレベル24bearing)までがんばりました。とうの前にログアウトしたかったのですが、シンクの対象が僕であり、周りが「うまー」している状況なため、「眠くなりました」と言えなかったのです。24になってから言えましたcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日輪を担いて

 ジュノのクエスト「日輪を担いて」いってきました。世界クエの耳取得のために越えねばならぬ壁(フルアラの壁)ですね。シャウトに乗っかりました。オファーは一年以上も前から受けてましたが、チャンスが無かったので・・・ 

 バハムートとガチバトルということで興奮しました。なんたってデカイ。攻略法は確立されてるみたいです。プロマシア流でジョブ縛りがきついです。HPが低いのか戦闘自体は短時間で終わりました。ファイガ4のスタン要因で気張って待機してましたが、結局1度しか撃ってこなかった。MP余りまくりの上に2時アビ使う間もなく終了coldsweats02
 難易度が低いか?高いか?よく分かりません。フルアラかつジョブ縛りの壁が一番の難易度のように思います。盾PTが崩れなければ、なんとかなりそうな雰囲気でした。黒PTに居たので実感ないんですけどね。
 範囲技+ノックバックが頻繁に来ます。盾も吹き飛ばされ、後衛も吹き飛ばされ、気づくとバハムートの尻に立ち、後方範囲WS喰らう!!が危険なのでしょう。1回もらいました。斜め前に待機してましたが、発動のログが見えて逃げました。もちろん喰らいます。catface

 久しぶりにフルアラ緊張バトルに満足です。次は世界耳~ですよ。

 戦闘中の盾さんは壁を背にして立つといいです。ノックバックきてもバハムートの向きが変わらず、後方範囲WS来ません。戦術によっては、ワザと誘発させる事もあるそうです。黒のストンスキンで耐えれましたからマシかもしれませんが、連発されると崩れるでしょうね。1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »