« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月

僕のノーパソの限界

 とある掲示板にて、EVE ONLINE なる言葉を見つけました。随分前からサービスはあるようです。FFばっかで知りませんでした。色々調べてみると、スタートレックな世界でオンラインらしい・・・意味不明な例え方ですけど、そんな感じです。ブログとか読んでるととても楽しそうに思いました。現在は、フリートライアル版で14日間遊べるようなので、早速自分のノーパソにインストールしてみました。ほとんど英語なので四苦八苦しました。でもこの苦労が楽しい。起動してみます。動きます。みたいな^^

かなり綺麗です。宇宙に漂ってる感じがします。チュートリアルは日本語と聞いてましたが、バグで英語のままらしく、読みとくに苦労しました。少しプレイした感じでは、綺麗、面白い、ワクワクします。何???

ヴァナの世界に初めて降り立った時のような感動がありますね。月とか見てて感じました。

・・・・・アチコチ飛んで散歩してたら いきなりフリーズ。どうやら表示されるターゲットが増えてPSの容量の限界みたいです。スタート地点は人も少ないので快適でしたが、人口が多くなるとかならずフリーズです。悲しすぎる。

FFと違って、ほとんどのプレーヤーが一つのサーバーで生活しているらしく、人口が3万とか4万とか表示されてます。驚きの世界ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革スキル上げ42~43

大量に生産されたクウィルハイブーツを消化するため、パウダーブーツを生産することに決めました。そうなると丈夫なダルメルのなめし革が必要になります。この革は、風アニマと闇アニマが必要な上に特殊合成が必要になります。当然もってないので、知り合いにお願いしすることにしました。で、簡単にいくなら競売で買おうと思ったのですが、アニマとか出品がありません。作成するしかない。職人さんは自作ないし、伝手で溜置きして稼いでるんだなと感じました。

集めた材料でパウダーブーツを量産。38個かな・・・・でスキル43です。悲しいほどスキル上がりません。全部売れれば美味しいけれど、出品在庫数が二桁キープなので過剰な期待は禁物です。出来上がるまでに複雑な工程を経るこのアイテム。材料を競売で集めたら、トントンだと思います。雄羊の革、ダルメルの革等を自作で集めてようやく黒。しかもアニマの在庫があってこそです。なかなか険しいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革スキル上げ38~42

モグサッチェルのお陰で鞄の空きができました。発売と同時に注文して良かった。そのお陰もあり、素材集めておく余裕が出来たので、合成上げております。

木工をスコピオアローの位置で止め、鏃を骨上げで合成する。この構想なのですが、骨は今だ牙の鏃の位置。ちょっとがんばれば角の鏃でもいける。雄羊狩るなら革も一緒にと思い、サポ狩人で走りまくって鞣した革8ダース。途中でメリーのホルンとかプチプレゼントもありました。欲ないと出たりするのか・・・・狙って狩るとミルクしか落とさないのに。

で、クイルハイブーツ(上位装備の素材になる。)が売れ行き良さそうなので、大量に生産しました。が!競売に出しても一個も売れません。鞄の中が酷い事になってます。店売り価格は1700程度。蜜蝋を競売で競り落としたとして、チョイ赤字。なのかもしれない。納得いかない。なめし革集めの苦労が報われないように思います。ここは気長に3000~4000で売れるまで粘るか?

ちなみに、ウェストベルトだとなめし革一枚使用らしい。気がついた時はすでに遅かった。大量のハイブーツ抱えて思案中。特殊合成でパウダーにいければ無駄ないかもしれません。    分解すると蜜蝋ができました。革ください^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忍者のレベル上げ LV56~60

 掌中の珠の為に、侍をLV51まであげました。また装備が似通ってるという理由から、忍者もあげました。LV50までは、巣とかでシンクによるレベル上げです。

LV50~56
 忍者とか装備に気にしないといけない と思いこみ、色々物色したんです。でも現実はLV42にシンクして、西アルテパ砂漠でカブト虫ファンタジーでした。盾するにはとても楽な相手で助かります。巣のクローラーは意外に辛い。後衛してた時は分かりませんでしたが、スロウ効果になる糸を吐き出すWSがきついきつい。蝉回し無理!!毒も蝉貫通でウザイ。赤上げてるとき、忍者さんのHPが微妙に減ることがよくありました。その意味が理解できました。蝉貫通のWSは、実はかなり多いんですね。

LV56~58
 スコハネの出番が待ち遠しいお年頃です。ワジャーム樹林のレッサーコリブリでLV58までいきました。噂では、忍者盾がキツイといわれるアトルガンエリアでのレベル上げです。もちろん高い高い壁を実感しました。
 食事効果が消される。周知の事実です。が、忍者の場合、攻撃でタゲ保有する以上、スシ食わない訳にいきません。そうです。コストが半端なく掛かります。しかもWSで蝉全消しとかひっきりなしに来るのでHP赤字とか頻繁になります。辛すぎる。

LV58~60
 ついにスコハ着て出撃。先を見てホーバージョンも持参。LV56付近にシンクして、ナシュモ周辺の死鳥族が獲物です。時々フライトトラップも狩ります。食事消されないので、ピザにしてみました。なかなか良い感じ。ですがこの辺りからアタッカーさん達の攻撃が凄まじく、蝉2、蝉2、蝉1唱えた辺りで必要なくなります。タゲは、戻ってきません。さようならです。結局常時ホーバージョンで問題なし。てか着替えても素の回避率に変化が見られません。・・・・・悲しすぎる。そもそも忍者いらないんじゃ?と感じたLV60です。crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女の決意~バルラーンリング

クリア出来ました。みなさんありがとう。
経験者さんの指示の基、一致団結して突入。

編成:モモシ詩召赤
青魔道士の3回目はモンクの夢想無念で物理貫通+赤の精霊で撃破。
アレキサンダーは、モンク二枚で攻撃が当たる限界距離で挟み込む。シーフさんはサポ白でディアと不意打ちWS。詩召赤が回復とサポート、赤がスタンの戦術。

スタンが決めきれず、福音を4回(つまり4000hp回復)も許してしまうが、モンクさんの驚異的な削り(詩人さんの歌メヌメヌ有)で、みるみるHPが減っていきます。後衛のケアルヘイトは高いですが、敵対心をしっかり下げれば、アレキのWSの来る回数も減らせます。審判を二回喰らい、召が撃沈するも、残り4割から2Hアビ全開でゴリ押し。

編成がきついBCと思ってましたが、そうでも無いかもしれません。肝心なのは、アレキのTPを貯め無い事と、タゲが前衛二人に固定でしょうか。他の方の負担が減って余裕が出来、スタンや回復に集中できると思います。今回ディアをシーフさんがやってくれたお陰でスタン待機できる時間が多かったです。福音は、常時スタン待機状態でないと止めるのは厳しいですから。ただ、詩人さんが居るとかなり安定するのは事実と思います。スーパーエーテル4個、バイルとバイル+1持って行ったんですが、コンバート1回使用で最後までいけてしまった。

かなり長いイベントシーンが待ってますが、見応えばっちりでした。やはりアトルガンは面白い。報酬はバルラーンリングにしました。ラジャス取ったためバランス取るためです。アサルト潜在発動条件は、常時つけるには微妙?とか思いましたが、魔法命中率+4の付いた指輪はかなり貴重と思います。早速ナイズルで試してみました。経験上カエルへのサイレスが入った事は今まで一度も!!無かったのですが・・・・・・・なんと入りました。取って良かったhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールド オブ ライズ

ワールド オブ ライズ
レンタルDVD・・・・・・3.5点

正直な所、「まあまあかな?」です。ブラッドピットとロバートレッドフォードが競演したスパイゲームを思い出した。エンターテインメントを見せる作りではないです。現実はもっとシビアで薄暗く、こわ~いのさ!と言いたげな映画です。レオナルドさんは、ブラッドダイアモンド等で見せてくれた演技でした。各情報機関の立ち位置がもっとはっきりすれば、分かりやすいのではと感じました。何が本当の目的なのか?分かりにくく、イマイチ入り込めませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低レベル帯の過疎化が・・・

 日曜日の朝に、詩人でレベル上げPTを主催してみました。希望出したら速攻でテルが飛んでくる詩人、なのは分かります。ですがバラードを覚えられるLV帯なのにクフィムでミミズとかカニをシンクPTでやるのは、「変じゃない?」と思うのです。
 レベル差3以内のPT(普通に組めばそうなるように組む)でシンクを適用すれば、みんな美味しくレベル上げ出来るのが利点だと思うのです。あくまで僕の考えです。いつまで経ってもスキルが白のまま、新しく覚えたアビや魔法の使用方法も学べないまま、というのは辛いと思うんですが・・・・。
 という趣旨でメンバー集めを開始してみました。ところが人がいません。LV24~26でサチコメ書いてる人を探索すると、なんと6人!悲惨な状態です。上に書いた理屈が所詮絵空事でしかないという状況です。LV24~30まで広げてようやく1PT作成出来ました。  
 でシンク24に設定しまして、カザム前でユタンガのマンドラをしばきます。記憶ではクフィムよりも美味しい状態だったはず・・・なのですが・・・なにか少ないと感じました。

考察:FOVによる自主訓練1ページの内容がトカゲとマンドラである。トカゲは石化(視線なので回避は可能)、炎属性の範囲攻撃、回避率上昇の特殊技等、このレベル帯で相手にするにはきつい技が多い。過疎化しており、高レベル冒険者がいません、ゴブに絡まれる確率が高く、狩りが中断しやすい。等々

 クフィム島に行きたがる気持ちも分かりますね。昔は~なんて言うのは古いですが、それでも言わせてもらうと「ゴブが消えなくて徘徊してた頃はもっとカオスだし、隣りパーティのマンドラが仕掛けた睡眠で全員寝てしまい。MPKとか叫んでいた頃より楽なはず」なんですが。人間飴に慣れると怖いです。
 無事にバラードも覚えたんですが、FOVのリフレッシュつけてると、バラード掛けなくてもMPが回る感じで、ちょっと悲しかったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »