« 映画の感想 12/16 | トップページ | FF14βテスター募集 »

坂の上の雲

 幼少の頃からNHKの大河ドラマが好きで観てます。今までのベスト1は文句なしで「独眼竜正宗」ですね。時々面白くないものもあります。根拠が在るわけではないですが、女性の脚本の場合、僕の性格に合わない事があります。でも「篤姫」は面白かった。

 まったく面白くなかった「天地人」が終わり、「坂の上の雲」がスタート。戦後60年~経過しましたが、明治~昭和前期、特に戦争を扱うテーマの歴史ものは、タブーとして扱われているように思います。触れることまかりならん!!といわんばかりです。実際、発表されると反対意見が噴出してます。
 僕は戦争を知りません。知識として知っているだけです。戦争の時代を生きたのは祖父や祖母です。父母は戦後の貧困時代を語ります。祖父は戦場の話は一切語りませんでした。何処の家庭でも同じではないでしょうか。みなさん現場でそれぞれの地獄を体験したのでしょう。でも語らない。つまり伝えていない。
 僕らの世代は飽食の世代です。ですが、なぜその平和を満喫できるのかという部分、歴史の流れが伝わっていない。抜け落ちています。もちろん知識としてしっていますが、実感が無い。学校教育の歴史授業は、年代と名詞のみが教えられます。実感なんて持ちようがないと思います。それらは現実感覚が欠如していると思います。ゆえに今の世の平和が持つ価値が理解できていないのではないでしょうか。

 話が随分飛びました。ドラマが面白く、原作を買って読むようになりました。ドラマ以上に面白いと感じるのですが、同時に上記の様な感想を持つようになりました。

 ある本に以下の様な文面があります。「歴史から学ぼうとしない人に未来はない」だそうです。しかるに、今の我々は、歴史から学んでいるのか?このままですと、またまた犠牲者多数の大惨事になりそうな予感がしてきました。

 なんであんなに多数に人間が死んだのか?負けたから?勝ってればすくなかった?そもそも戦争になってなければ良かった?戦争って回避できたの?・・・・といった議論は出来ないものでしょうか。タブーとして扱うだけでは歴史を伝える事にはならないとおもうのです。

|

« 映画の感想 12/16 | トップページ | FF14βテスター募集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508555/47043514

この記事へのトラックバック一覧です: 坂の上の雲:

« 映画の感想 12/16 | トップページ | FF14βテスター募集 »