« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

CNS購入

Scorpion Navy Issue
 ちなみにミッションランナーの御用達CNRも、Raven Navy Issueと言う。どこでCNRになったのでしょうか?謎
20110326134050
 本体のお値段は39M~40M程度です。CNRが50M~55M周辺なのでお安い機体になります。何が違うのか?

レイブンCNR
 ミサイルのROFおよび巡航速度にボーナスが付く。そして、T1レイブンのランチャータレットが6に対し、7門となるため、殲滅速度がアップする。しかもシールドHPが14000程度(スキルにも依りますが、乗れる程度まで鍛えた方ならば・・・)となり、防御力もT1レイブンとは比べようもない。
スコーピンCNS
 ミサイルのROFにボーナスが付くが、巡航速度のボーナス無し。ランチャータレットは6門。Mスロットが8個あるので、小技が効く。あとシールドレジにボーナス。シールドHPはCNRに比べて少なめの11000付近。機体が小さいため、艦の速度と機動力は若干上。

 T1レイブンからCNSに乗り換えてワールドコライド農場を廻してみました。防御能力の向上は流石であります。寝てしまえるほど余裕。T1レイブンならば、倒す順番間違えると落ちる場面も余裕のタンク能力です。ただ、ミサイルの巡航速度が遅い分、殲滅速度の短縮はどうなのかと?離脱しなくても良くなったので、時間ロスは無いですが・・・
 ミッションに限れば、シールドハードナーの種類を限定できるため、CNRの方が速く回せると思います。10Mの差はあるんだなと感じる。
 乗った事ないけどね!

ミサイルの巡航速度に拘った事はないんですが、射程が伸びるだけでも無いんだな思うようになりました。同じヘビーミサイルを撃ち、DPSを揃えたドレイクとテングでは、ボーナスの違いにより、弾の消費量は段違いです。相手の的が小さく、相対速度が大きくなれば、当然テングのミサイルの方が効果的なわけで、ミサイルの世界も奥が深いなあと。
Scorpion_navy_issue_mission

 で、半年近く愛用したT1レイブンは90Mでオークションに。一日して貰われていきました。なにげにレイブンでしたので感慨深いものがあります。落とさなかったはのちょっと嬉しい。ただの運ですけどね。落ちそうに成った事は2回あります。いずれも構造物にはまって抜け出せなくなった場合です。敵の配置、スクラムの有無等々の情報を見るため、かな~り引いた画面で操作し、かつダメージ軽減のために何かをオービットしてる内にはまります。ドノーマルなら痛くもないですが、FactionやComplex品を積んでる場合、泣きそうになります。T1レイブンでがんばろうとすると、シールドモジュールが高額化していきますから・・・これからレイブンに乗ろうと考えている方に一言「ダメージコントロールは載せとけ」であります。

 貰われていったレイブンの末永い活躍を祈って・・・・多分無理だろうけど

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネットで立ち寄った記事

嘘か真か?判断するのは本人です。

お役所仕事の本質を突いていると思います。

つまり、だれも責任をとらなくて良いシステムです。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#about

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徒然

 日本で懸念されていたプレート地震の一つが発生しました。
 他人事ではございません。日本のほぼ半分に影響を及ぼす災害であれば、残り半分は二倍がんばる必要が出て参ります。
 各種報道を見て、感じた事を徒然に

津波について
 日本は複数のプレートがせめぎ合う場所の直上に位置しており、プレート型地震から逃げられません。しかして津波文化があるわけですが・・・近所のおばあちゃんが言うには「この辺は南海大地震でも津波はこなかったよ」だそうです。事実なんだから家は大丈夫だなと思ってましたが、報道を見て、そのような思いこみは役に立たない事が分りました。
 我が家は、紀伊水道に面した沿岸地域、海岸から1km未満の標高1~2mに位置しております。1km地点の海岸に施設されている堤防は、浜堤地形を反映し、海水面からやや高いです。しかし、あの映像を見るかぎり、そんな安全は存在しませんね。ぶっちゃけ、太平洋沿岸で津波高さ10mを想定した堤防が存在するのか?施設するとなると、莫大なお金が必要になりそうです。運良く地震を生き延びる事が出来たなら、ひたすら逃げるしかないですね。
 日本は平野部が山地に比べ少ない地形です。平野部は河川と海が生成した堆積物が主体であり(標高の高い段丘とかは別)、地盤を構成するものは、礫、砂、粘土です。当然ですが、地下水位が高く、液状化の問題がついて廻ります。河川に施設された堤防等々も、液状化の影響を受けます。耐震基準が厳しくなり、徐々に耐震化が進んでいますが、無数にある河川堤防や、護岸堤防を、明日から耐震化!!とは行かないでしょう。
 地震がおきたら、堤防が壊れ、津波もくるよと覚悟しておく必要があるように思いました。

原発について
 まったくシロウトで、報道ででてくる単語にも ???となっております。wikiで勉強するくらいの知識なんです。この数日の事象をみて、緊急停止できても、冷却できないと危険であると分った訳ですが、このケースが世界中の原発に当てはまる事象であるならば、空母や潜水艦とかどうなるの?と思いました。緊急停止機構があるのは聞いてますが、冷やせないと危険な事態に陥るには同じでしょうし・・・・戦闘艦かならそのリスクはかなり高いはず。前に見たハリソンフォード主演の映画「K-19」が頭をよぎりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »