« 2014年8月 | トップページ | 2015年3月 »

2014年12月

この度の総選挙に思うこと

自民党が圧勝しました。
驚いたというのが正直な所です。
憲法改正を唄う与党が圧勝という事は、私は反対でしたが国民の多くは賛成だったという事なのでしょう。
私は日本の将来に不安を感じます。
1.アベノミクスは紙幣の増産ですよね?紙幣の増産がどうゆう結果を招くのか、歴史の授業で学びましたよね?とある人が演説の際に次の事を述べました「今生まれてくる赤ちゃんは、生まれた瞬間から500万程度の借金を背負います。」あれから何年も経ち、今では800万だそうです・・・
2.いきなり戦争することは無いと思いますが、集団的自衛権の問題は心配です。
 ちょっと穿った見方とは思いますが、戦闘状態を維持できるだけの軍事費ってどれくらい必要なんでしょうね。戦闘規模によると言えますが、コストは重要でしょう?
 始めるのは簡単でも、止めるのは難しいのが常です。原発が止まっただけで物流コストが跳ね上がるような我が国で、大量の燃料と資材を必要とする軍事活動を維持する事が可能でしょうか?
 こういった課題は、第一次、第二次世界大戦を通じて我が国が抱える大問題だと思います。
戦争放棄をうたったからこそ、優秀な人材を他分野に注ぎ込むことができたのが戦後の日本と思うのです。わが国は「戦争が割に合わない」国だと思います。(戦争で消費しないと困る体質の国もあるようですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダークソウル2のDLC三部作

ダークソウルの時もそうですが、DLCの出来が非常に良いのです。
本編がゴミに見えるほどです。(ちょっと言い過ぎました)
1.エリアが練って構成してあるので、探索するだけで時間が過ぎる。
2.ボスが強力で個性が強い。
探索が楽しかったです。特にサルヴァ方面は3日間彷徨いました。
苦労したボスはレイム、とにかくレイムです。冗談抜きで1週間格闘、おそらく100戦以上したと思います。4周目のキャラで攻略開始したんですが、強いのなんの・・・・
あとは穢れのエレナも難しいと思いました。タイマンじゃないので強いかどうかは別ですが・・・
雪原の虎2匹にいたっては、運でしょうw
PS4で新生ダークソウル2が出るみたいです。非常に楽しみですね。
ダークソウル2のキャラでダークソウルのマップを遊びたいなああと思ってました。実装してくれませんかね?無理だろうなあ
赤侵入をして思ったのですが、侵入側で面白いマップが少ないのです。前作のセンの古城、アノールロンド、森、ウーラシール市街の様なマップが欲しい所です。
鏡の騎士に呼ばれるとかデモンズソウルを思い起こす所ですが、現実はボス戦前に呼ばれてタコ殴りに合います。白赤無差別に鏡の騎士に呼ばれる で良かった思うのですが。
鐘守りやネズミ誓約に至っては誰も居ない様な有様。システムが窮屈すぎると思います。
お邪魔虫プレイが好きな私にとって、ネズミランドは好きな考え方なんですが、召喚システムがホストに無理強いする様は気分が悪いです。おまけに通過する必要が無いとなれは自然と無視される。
鐘守り・・・前作の森に人気があった理由をもう一度考えてくださいと言いたい。
最後に!
ベルカの衣装が一式揃ってるのに、ベルカの刺剣が無いのは何故なのか??DLC三部作で実装される事を信じてました。次こそ実装されるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランセンデンス

DVDで観ました。
クリストファー ノーラン監督作品という事なので、期待大でした。
人工知能を題材として人の意識、存在の定義を問う内容と受け取りました。
上記のテーマは攻殻機動隊で取り上げられた物ですよね?
草薙素子を観てる様な錯覚に陥ります。
出演者の演技は素晴らしいですよね。
最後の一歩手前では完全に騙されました。
世の中のためと言いつつ人を殺しまくる女性と、世界のためと言って暴走している様に見えつつも、人を殺さなかった博士との対比に強い印象を受けました。
どんなツールも使うのは人なんですよ!と言いたいのでしょう。
人の意識は電気信号のやり取りであり、それが回路上でなされても、生体上でなされても同じだろと
そう言えば、似たテーマはヤマト2199でもありましたね。
ジョニーデップはパイレーツの印象が強いですが、ちょっと怖い役柄の方が好きです。
嘘と本当が読みづらく、大抵騙されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2015年3月 »