« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

ダークソウル2 PS4版

 密かに期待していた新装版ダークソウル2 PS4版 購入。
ヌメヌメ動きます。ローリングの動きがヤバイです。軽装でも変にジャンプしないです。まるで受け身をみている気分です。
 ブラッドボーンのせいですが、武器を振りかぶった敵MOBの背後に回り込むイメージが抜けません::。そんな風には動かないので、盾構えないと死にます。ダメージ食らうと即反撃する癖がついてしまい、ラッシュで死亡。これもブラッドボーンのリゲインの癖です。
 とりあえず巨人の森から攻略を開始しました。
敵の配置がいやらしく、ごり押しが厳しくなってます。暗闇と明るい空間との差が激しく、ゲーム内なのに目がくらみます。松明ないと何も見えない。この松明が癖ものです。光の届く範囲が限定されており、闇との境界が濃いので、見える範囲以降は闇です。ホラーみたいです。お助けNPCさんが使用する照らす光がありがたみを増しています。青い光が遠くまで届くので便利です。魔法の優位性をはっきりと強調しています。
 しばらくして気が付いたのですが、クラブ振っていると「壊れそう」のテロップが・・・・一瞬戸惑いました。よく見ていると敵一人倒すごとに1程度減っています。筋力26にしてラージクラブを装備、餅つき一回で5消費しています。これはヤバイですよ。粉なり魔法の修復なり、封人の指輪なりが必要だと感じました。耐久力20の武器とか悲惨でしょうね。
 MOBの配置を刷新してハード版を攻略している気分になります。非常に足の速いMOBに追い掛け回されたり、無音で背後に近づいて来たり、容赦ないです。
 森で白サイン出していると入れ食い状態で楽しかったです。兵士の詰所方面では赤NPCに侵入されますが、結晶槍とか打ち込んできます。序盤と考えるとシャレになってないですが、こいつの為に呼ばれること数回ありました。経験者向けのセッティングだと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラッドボーン一週目

発売から一週間経ちました。
現在LV78、最初の狩人ゲールマンと死闘を演じております。
このゲームはデモンズソウルだと申しました。
何故かと言いますと、統一された世界観!?
聖女アストラエア(デモンズソウルの腐れ谷のボスです)と初めて出会った時に感じた事を書きます。
あの暗く汚い谷の奥底に穢れの一切無い女性を、鮮血で汚すフロムのセンスにビビりました。
恐怖感や嫌悪感が強すぎて反対側に突き抜けた!!みたいな・・・・
ブラッドボーンも似たセンスを感じますよね?
大聖堂上層では、突き抜けて笑えます。(嫌いじゃないです)
今まで出会ったボスの雑感は、獣タイプはノーロックが安定の様に思います。
人型が強くて楽しいです。
ゲールマン強いっす。
烏羽のイベントが進行せず、最終的に大聖堂にて戦闘となりました。
真面目にやり合うとかなり強い。
近接の殴り合いだと手数で負ける。
少々卑怯ですが槍チクからのパリィで倒しました。
「銃槍」いいです。
非常に使いやすい。近づきたくない敵に重宝します。しかも、両手もちでもパリィが狙えるのが素晴らしい。コンボの途中にパリィ挟めるのは秀逸だと思います。
今作のコンボの考え方は面白いですね。
「ノコギリ槍」とか汎用性が高くて愛用しております。怯みにくい敵にもコンボを混ぜると怯みが取りやすくなります。
聖剣の影に隠れがちな「教会の大槌」も、単発ではカウンターを貰い易いが、R1→L1→R1のコンボは素晴らしいと思います。
自キャラは技量よりの育成ですが、雷ないし炎ないし神秘の属性血晶を付加させれば、武器の神秘補正の高さを活せると思います。
(もちろん、キャラの神秘も必要になりますし、スロット配置も属性よりではないですが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »