« 2016年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2016年8月

ツバキの戦闘スタイル

サードキャラです。
低レベル帯では弱いと思ってましたが、三日月、紅月覚えたあたりで化けます。
HPが非常に低いため、敵の正面に立つのはご法度です。硬直や気絶を喰らおうものならあの世行確定になります。
その代わり、素早い移動速度と移動距離を与えられており、蝶のように舞蜂のように刺すを体現するジョブです。
ツバキの代名詞ともいえる紅月は攻撃力、範囲とも素晴らしいものですが、密集地帯の真ん中で光るスキルのため、どうしても相手からの攻撃を喰らいます。出すまえに気絶や硬直技を挟みましょう。
以前はガード判定など無かったので、出した本人が即死する必殺技でありました。(開いた口が塞がらないとは正にこのこと)
メインスキルはクールタイムが設定されており、順番に出しつつスキルをループさせて戦うことになります。

以上を踏まえると、
敵の正面に立てないので相手の周囲をクルクルと回りつつ 迅駆で背後を取って気絶硬直の「心眼」→「三日月ないし紅月」が1ループとなろうかと思います。
ヴァルと違いコンボで攻めるにしても大技が多いため叩き込む時間的な猶予はない(出せるけど死ぬかも)と言った感じです。
言い換えると止まるな!が信条です。常に動きながら攻撃を出さないと死にます。とっても忙しいジョブだと思います。
一つの戦闘が終わるまで左クリック押しっぱなしで進む事があります。こうゆう時は左手のキャラ操作が上手にできた証拠じゃないでしょうか?

ツボにはまると素晴らしい成果を出せるが、気を抜くと即死する。そんなジョブです。
ヴァルの様に一撃逆転コンボを狙った待ちを選択しにくいので、動いて動いてスキを作り、カウンター気味に硬直技→紅月がPVPになりましょうか?
ミスると死亡なのでやはり弱いかも・・・
移動速度に利点があるから戦場での遊撃役がピッタリはまると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァルキリーの戦闘スタイル

セカンドキャラがヴァルなのですが、プレイ時間が長いのでメインになってます。
生活レベルもこのキャラ主体です。移転させるお金もないし、メインのままかもしれません。
もっとも戦闘は椿の方が楽しく感じるため浮気気味。


戦闘機動書きます。
巷じゃ盾だけ投げてろ!ゆえに初心者向きとか言われます。
そうすると飽きます。たしかに盾投げ強いですけど、飽きます。
面白いのはコンボが存在する点です。
ちなみに最大威力は断罪の最後です。
これを断罪モーションキャンセルして出すコンボルートを覚えると面白くなります。
PVPもPVEでも断罪の最後を叩き込むために知恵を絞る必要があります。
入力するとわかりますが、コンボの全段を叩き込もうとすると相手に殴られます。
なぜか?モーションそのものが遅いからです。
ゆえにコンボの最初に硬直や気絶を入れる知恵がいります。
そうしないと自分より上の敵に対して無防備になります。
回避して盾投げろ?とか言ってはいけません。
ちなみにヴァルだと回避しても攻撃そのものが遅いのでやっぱり殴られます。
そのため防御力を強化して耐えつつ殴るという戦闘方法となります。
他のジョブだと回避できるのにね、そこがヴァルの個性だと思う。
最大攻撃力を発揮するコンボルートはMPの消費が激しいため、盾受けで回復する必要があり、戦闘が長引く所もヴァルの特徴かと思う。
コンボルートの説明はここではしません。色々あるので気に入ったの見つけてね。


覚醒が入りました。

攻撃倍率、防御係数が凄いため文字通り殴られながら正面から殴る戦闘スタイルになっています。
ケンタウロス相手に正面で殴り合う姿はハラハラものですが、ヴァルらしいとも言えるかと思います。
相変わらず横にスライドする動きは遅くかつ移動距離も短いので回避になっていません。今まで以上に正面戦闘に特化したバランスになったと思います。


すこしだけ追記
足遅いだろ?そのとおりです。正面で殴り合うので本来は後ろに回る必要はないのです。
つまりぶつかりあう箇所に居場所があるわけで、そこ以外に存在意義がないことになります。
アリーナのタイマンでそこそこ強くても、逃げる敵を追いかける足が無いので戦場ではタンクや囮以外の役目は無理。
相手にしてみればですよ、まともに相手する必要ない事になります。時間の無駄になりますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2017年6月 »