パソコン・インターネット

Xperia 購入!

happy01携帯はドコモ一筋11年!!

プレミアム会員になってたhappy01
もっぱらソニーエリクソンの機体が好きで、前の機体はSO503iです。3年近く機種変更しなかったのは初めて。503以降、魅力的な機体に出会わなかったのです。ソニエリはドコモから撤退したものと思ってました。ワンセグも欲しいとは思わなかった。というか田舎なため、数局しか入らないし・・・・・・

Xperiaの広告を見て、即決。予約して購入。田舎でも予約無しでは厳しかったようです。

でスマートフォンデビューですが。かなり勝手が違います。

この機体は、基本的に、i modeに対応していません。メールは使えます。
重要:メールを残すには、imodeの契約を残す(300円程度)、かつimode netのサービスを申し込む(これも有料)が必要です。機種変更時に選択できるはずです。間違うととんでもないことに・・・・・

これで、Xperiaからも(要するにPCから)imodeメールを管理することが出来ます。ちなみに、Xperia用に提供されているアプリのなかに、imode.netにアクセスするものがドコモから提供されていますが、僕の機体では上手く運用できません。噂のimoniというフリーアプリも使ってみましたが、やはりログイン時にはじかれます。しかたなくブラウザメニューから入るもしくは、PCからログインして使用しております。不便だ、お金返せと言いたい。

メールに関しては、グーグルのGmailアカウントを取得しました。こちらをメインに使用する予定です。てか、グーグルと密接な関係な機体のため、登録してナンボな感じですね。以下にその具体例

グーグルアカウントを取得し、ログインすると(PCで)メール管理ページに飛びます。ここには連絡先情報が有り。ここに入力された個人情報は、Xperiaの電話帳とリンクします。
僕は少し恐ろしいです。個人情報は携帯の中だけが良くね?と思います。紛失、盗難は個人の責任ですが、サーバーハックは関知しようが無いじゃない。ちょっと話しがずれました。

携帯の設定でリンクしないようにもできます。・・・・
機種変更時、気前の良い定員がマイクロSDを使用して(Xperiaに付属するものは16GB。移し替えには空の携帯を使用してました。空の方が16GBに対応してない場合、もう一枚必要です・・・)移し替えてくれました。で、その後携帯の設定で同期を選択しました。
グーグルのホームページにログインすると、連絡先が完全に同期しており、便利だと思う反面、怖くなった。ここからが悲劇です。

「メール専用の連絡先なんだから、電話番号だけの人たちの情報はサーバーから消しちゃおう」と考えた訳です。怖いから。

でせっせと消した後、携帯で電話を掛けようとして凍り付きました。消えてるcatface全部

やっぱり恐ろしいですね。時代の流れに取り残された感じがしてきました。

復旧について
手入力で携帯に入れる?疲れますね。
グーグルのホームページで入力して同期する?少し早く終わりそう
前の携帯と今ので通信できないか?よく分らん
外部メモリのやり取りなら・・・・・・そこで思いつく。そうです。前の携帯の電話帳を外部メモリに写し。それをPCに刺す。でグーグルホームページで作業できないか?CSVファイルなら取り込めるらしいと聞いたから大丈夫なはず。
作業を進めるとVカードというファイル形式で取り出せました。これは直接連絡先に読み込めるファイル形式らしく、数分の作業で復旧できました。
ちなみに、一通り作業が終わり、携帯の同期が終わり。同期設定を解除(誤差動で消去するのが怖い)したら、携帯の電話帳が消えてました・・・・・つまり別個で管理したければ、別々に入力しろ!!て事ですね。しかも変更が在る度に同期してるとなりますから、通信しまくってるはず。やはり恐ろしい時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Folding@home

 PS3を購入したのが昨年(平成19年)の夏です。ゲーム機としてはかなり値段が高いし、おもしろそうなタイトルも無いようなので様子を見ていました。FF11をインストールしてもPS2と変わらないと分かって・・・・関係者のみなさん聞いてください「本当に残念です」。sadで!ブレイドストームの発売に合わせて60GBを購入しました。結構楽しかったです。

 でも後続が無い。結局デビルメイクライまでゲーム機として使われず、インテリアの一部と化しておりました。つい最近PS3の公式HPにて Folding@home なるものを発見しました。アメリカのスタンフォード大学で進められている分散コンピューティングプロジェクトで、全世界100万個以上のCPUを利用してタンパク質の折りたたみ構造を研究して疾病治療に役立てようするもらしいです。

 PS3の核であるCellなるCPUは、同時並列処理に強みをもつように開発されたとかいうのを聞いたことがあります。上記の分散コンピューティングプロジェクトなどは恰好の宣伝材料だったのでしょうね。

商用の宣伝であっても、社会福祉に貢献出来ることに変わり無いので、ちょっと参加してみました。PS3のメニュー画面から簡単に始められます。途中で止めてもデータが保存されてますからお気軽ですね。

 以前はこうのようなシミュレーションはかなり大がかりに行われていたと思います。コンピューターとネット網の発展した結果、家庭のCPUがスーパーコンピューターの一部になったような感覚を味わえるようになったんですね。なお、上記と似た様なプロジェクトにSETI@home があります。こちらは地球外生命に関するものです。夢がありますよね。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)